以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262

笑顔の写真

たくさんの笑顔が
信頼の証し
びわ温灸の治療院

当院は2001年の開業以来19年の実績、
延べ1年間2,000人を鍼灸施術しています(2019年)。

次のようなことでお困りの方が数多くみえてます

◇抗がん剤でのしびれや痛みを緩和したい
◇疲れやだるさが強い
◇ガンによる痛みやつらさを軽減したい
◇ガンの再発をなんとしても防ぎたい
◇冷えが強い
◇疲れやだるさがある
◇病院治療と併せて代替療法も受けたい
◇ストレスを強く感じている

このような悩みはおつらいですよね。
でも、もう大丈夫ですよ
あなたと同じお悩みの人がラクになっています。

まずはうれしい声をご覧ください

嬉しい声1
ママさま 50代 女性

◆今までの経緯やお悩みは?
2度の抗がん剤の治療後、体中が不調で来院しました。
ビワ温灸を3回くらい終わると、いつの間にか痛くて困ていたすねの痛み、両足先のしびれが忘れるくらいやわらいでいました。
睡眠も寝付きが良く、熟睡できるようになりました。

◆当院に来て良かったことは?

症状が改善した事もですが、治療中の心地よさと、終わった後の満足感と、体に良い事をしていると思える安心感に心が癒されます

(手紙より抜粋)

*治療の効果には個人差があります

嬉しい声2
M・Hさま 59歳 女性

◆何にお困りで当院の鍼灸を?
抗がん剤の副作用軽減のため。

◆鍼灸を受ける前のお気持ちは?
これから抗がん剤を受けるので不安でした。

◆鍼灸によりどのような変化がありましたか?
5回の抗がん剤を受けましたが、全く副作用がなく、スムーズに治療が進んでいます

◆鍼灸をどのような方におススメしたいですか?
抗がん剤の点滴治療をうている方。

(手紙より抜粋)

*治療の効果には個人差があります

嬉しい声3
M・Sさま 58歳 女性

◆実際に鍼灸を受けてみての感想は?
身体的にも神経的にも気持ちよく、身体が楽になりました。

◆鍼灸による変化はありましたか?
足の冷えが治り、腰痛が軽減しました。
また気分が落ち着き、副交感神経優位になっていると思います

(手紙より抜粋)

*治療の効果には個人差があります



ごあいさつ

プロフィール写真院長・鍼灸師 飯川 毅(いいかわ たけし)
1973年生まれ 千葉県鎌ヶ谷市在住



お一人ごとに、毎回しっかりと気持ちと時間をかけて向き合いたい
●小さなお悩みでも、気軽に相談してほしいし、一緒に考えていきたい
その結果として、心と体がラクになっていくのを感じて欲しい

そんな強い思いがあり、毎回担当者がかわるような大人数の治療院ではなく、いつでも私が中心になって施術に当たれるような小さいですが、でも温かい鍼灸院を作っています。

予約制の施術ですので、 とことん「あなただけ」にかかわる当院の施術をぜひ体験して下さい。

資格:鍼灸師・介護支援専門員 医薬品登録販売者
はり師免許 きゅう師免許 介護支援専門員免許 登録販売者合格証



雑誌の取材も受けています

『はつらつ元気 2016年1月号』に取材記事が掲載されました
はつらつ元気掲載1 はつらつ元気掲載2

『医道の日本 2019年9月号』に取材記事が掲載されました
医道の日本掲載1 医道の日本掲載2



びわ温灸について

びわ温灸器とびわエキス

当院では鍼灸と並んで『びわ温灸』もよく使われております。
びわ葉エキスを使い、温灸器の遠赤外線の熱でエキスを蒸気化して、ツボなどから浸透させる温熱療法です

びわ温灸とは

ビワ温灸とは
びわの持つ薬理作用と温熱によるツボ刺激作用で効果を出します。
温かくて気持ちのよい施術です。
熱くて火傷をするようなものではありません。

びわ温灸を希望されるおつらさで一番多いのは「がんの患者さん」です。

びわの効能は古くから伝えられており、『万病に効く』などと言われています。
「万病に効くは言い過ぎでしょう」といつも思います(苦笑)
ただし、そのくらい汎用性が高く信頼されていた証しなのでしょう。

現代ではがんに対する治療方法としてよく登場します。
それは家庭で出来る民間療法としてです。
びわの葉は、漢方薬としては慢性気管支炎など主に肺疾患・呼吸器の病気に使われています。
そのほかにも吐き気止め、ゲップや胸やけなど胃腸の働きを整える時にも使われます。
古くから伝わる民間療法にはビワの葉を使ったマッサージやビワ灸などがあり、日本人の健康に役立っていました。

鍼灸院でのびわ温灸

当院では、ツボのスペシャリストである鍼灸師としての立場から、『体質に合わせたツボを選び』『全身に施す』ことで、家庭でのケアとは違った専門性で施術させていただいております
家庭で行いたい人も、専門家に任せたい人も、まずは一度体験してみる機会に使ってみてください。

びわ温灸も、鍼灸同様、1回や2回で大きな変化を期待するよりは、定期的な施術の結果として、体調の改善につながると考えています。
定期的に続けることが重要です。

さて、
びわ温灸というと、びわの葉っぱに棒灸を押し付けるタイプのものをイメージされる方も少なくないと思います。
びわ葉を直接棒灸で押し付けるタイプではありません
↑こういうヤツです↑

ただし、当院では『びわ温灸器』と『びわ葉エキスのしみたカートリッジ』を使います。

温灸器はこちら。
同時に2つのつぼを刺激
遠赤外線の温かい熱を出します。

びわエキスのカートリッジ。
開封するとびわエキスの香り

カートリッジ
カートリッジは使い捨て

それを温めたびわ温灸器にセットします。


エキスがじわっと染みだして、それが温灸の熱でツボにしみこむような使い方をします。
しみこむ心地よさです

気持ち良く全身が温まります。
染み込む感じの温かさです。

施術費用は1回5,000円(税別)です。



がん(癌)と鍼灸

癌と鍼灸
ここでは「びわ温灸」から「鍼灸全般」に話を膨らませて、がんと鍼灸の話を書きます。

鍼灸施術は、抗がん剤の副作用対策のひとつとして有用性の認められた療法です。

アメリカでの癌治療での鍼灸

アメリカの統合腫瘍学会(SIO)は「がん統合医療ガイドライン」を作成し、そこで鍼灸も選択したらよい有益な療法として出てきます。

2018年には、米国臨床腫瘍学会(ASOC)が「乳がんのための統合医療ガイドライン」を了承しました。
その一部をご紹介します。
(原文: https://ascopubs.org/doi/full/10.1200/JCO.2018.79.2721 )

・不安軽減のため、鍼治療は個別の患者で選択的に実施可能である。
・抗がん剤時の吐き気に、電気鍼治療は制吐薬と共に個別の患者で選択的に実施可能である。
・うつおよび気分障害治療のために、鍼治療は個別の患者で選択的に実施可能である。
・抗がん剤治療によるダルさ(倦怠感)への対処のため、鍼治療は個別の患者で選択的に実施可能である。
・痛み(疼痛管理)のため、鍼治療は個別の患者で選択的に実施可能である。
・生活の質(QOL)改善のため、鍼治療が考慮可能および選択的に実施可能である。


日本での癌治療での鍼灸

日本でも癌患者さんのケアに鍼灸を活用する動きはあります。
統合医療情報発信サイトの中で、『がんの補完代替医療ガイドブック』(第3版)が公開されています。

その中の「鍼灸」の項目の一部をご紹介します。

《鍼灸治療の臨床試験》
数多くの臨床試験が行われています。
その結果、抗がん剤治療の副作用である嘔気や嘔吐の軽減効果や神経症状を和らげる効果があると報告されています。
また、嘔気や嘔吐は手術後の患者さんにも有効であったとのことです。
さらに、痛みなどの症状を改善し、がん患者さんの生活の質(QOL)の向上が認められたとの報告もあります。
ただし、抗がん剤治療における嘔気・嘔吐の軽減効果は、早期のものには有効であったが、遅延性のものでは効果がなかったとされ、鍼灸治療に関してもさらなる臨床試験を行う必要があります。


がん患者さんに鍼灸ができること

・痛みの緩和
・吐き気の緩和
・だるさの緩和
・不安の軽減


以上のようなことが可能ですが、その根本は「体質改善」と言えます。
冷え体質とストレス体質が癌の根本原因だと当院では考えています。


がん患者さんに鍼灸ができる大きなことはまさに、ストレスと冷えへのアプローチです。

不安対策(リラックス作用)

ストレス体質の改善

鍼灸の作用のひとつに「リラックス作用」があります。
ストレスがガンにはよくない事はご存知かと思います。
再発への恐れ、病状悪化への恐れ、痛みや副作用への恐れ、このような「不安」は大きなストレスになります。
鍼灸では、ストレスは肝(かん)の病症と言われ、ストレスを改善させる為のツボや刺激法が2000年以上前から研究されてきました。
   
また、WHOが有効と認めた鍼灸適応症(鍼灸が効く病気)に、「自律神経失調」や「不眠」や「神経症」などがあるのもストレスに有効なリラックス作用が鍼灸にあるからだと言えます。
リラックス作用をだす方法として気持ちよい熱感・心地よい刺激感をモットーにしています。


冷え対策(温め作用)

冷え体質の改善

鍼灸には自律神経を整えることでカラダを温かくする作用があります。
低体温ががん患者さんに少なくない、という話を聞いたこともあると思います。
それまでの日常生活などで自律神経が乱れる(=冷え体質になる)ことで、冷えが進み、結果的に全身の気血のめぐりが落ちることで癌になった、と考えます。
ですので、冷えを改善することは、イコール自律神経を整える事につながりますので、闘うチカラをつけることにもつながります。
当院ではそれらを「体質改善」と呼んでいます。


がん患者さんへの当院での実例


●大腸がん:抗がん剤の副作用(吐き気・食欲不振)

●乳がん:術前抗がん剤の副作用(吐き気・しびれ)

●肺がん:放射線治療の副作用(食道炎)

●多発性骨髄腫:抗がん剤の副作用(足裏しびれ)

●大腸がん:抗がん剤の副作用(吐き気・しびれ)

●肺がん:胸水を抜いた後が痛む

●乳がん肺転移:抗がん剤の副作用(だるさ・動悸)

●乳がん:しこりの痛み

●乳がん:抗がん剤の副作用


びわ温灸の施術費

初回カウンセリングのみ…無料 

●びわ温灸(30分)…5,000円(+税)

【鍼灸施術もございます】
●初回お試し部分鍼灸(20分)…2,000円(+税)
●全身鍼灸(30分)…7,000円(+税)

【次のクレジットカードでお支払い頂けます】
Visa/MasterCard/American Express/Diners Club/Discover/JCB
クレジットカード払いOK


鍼灸施術の流れ

電話かネット予約でのご予約を承ります

ご予約はお電話かメールにて治療をご希望の際は、電話かネット予約(LINE・メール)にて、ご予約願います。
お電話の場合、「鍼灸治療院ほっと・ばらんすでございます」とでますので、「初めてですが、予約したいです」とお伝えください。

ご予約の日時をご相談させて下さい。


いらっしゃいませ

鍼灸院の入り口は安心、快適当院は1階で、ガラス張りのドアですので、安心してお入りください。

入ったらスリッパにお履き替えください。
カウンセリングにための場所にご移動いただくよう、お声掛けをします。


カルテの作成、詳しいカウンセリングと丁寧な説明

おつらい事はすべて聞きます
1-【カルテ作成】

初めての来院された方は、カルテを記入していただきます。


2-【診察・施術方針の決定と説明】

① 症状のこと、身体のことをお聞きします(=問診)。
お悩みを、お気軽に、”全部”お話ください!

② 視診、触診などで、身体の状態を確認します。
舌診(ぜっしん)・脈診(みゃくしん)・腹診(ふくしん)など東洋医学的な診断法を駆使し、身体の状態を確認させていただきます。

③ ①~②を通して得られた情報をもとに施術方針を決定し、またそれをご説明します。


実際にびわ温灸で施術をします

実際にびわ温灸施術をいたします。
びわ温灸施術1 全身的な施術です

びわ温灸施術2 心地よい熱感です


治療計画についてご相談します

治療計画について話します
施術の結果に応じ、次回からの通院計画を話し合います。

最適な施術頻度をご提案いたしますが、決定は患者さまご自身で決めていただけます。
無理な通院を強要したりはしませんので、ご安心ください。

以上のような流れでビワ温灸は行われます


アクセス(地図)

地図:初富駅徒歩2分・新鎌ヶ谷駅からも徒歩圏内


大きな地図で見る

電車でお越しの場合
新京成線「初富駅」下車、徒歩2分
東武野田線・北総線「新鎌ケ谷駅」より徒歩15分


初富駅からの道順

↑初富駅から徒歩でのアクセスの動画↑

【写真で解説します】

1)改札を出ます
改札口はひとつ

2)改札を出てすぐを「左折」します
すぐを左折します

3)突き当りまで進み、「右折」です
突き当りまでいって右折

4)突き当りまで直進します
突き当りまで直進

5)突き当りを「左折」します
突き当りを左折

6)あとは歩道をまっすぐです(信号もそのまま直進)
真っすぐ(お団子屋の伊勢屋さん)

7)1階のビルの真ん中の店舗です
鍼灸院はビルの1階の真ん中

8)到着です、お疲れ様でした
到着です


お車で来院の場合

駐車場は3台完備
治療院のとなりに隣接して、専用駐車場を3台完備。


ご不明の際は、遠慮なくお電話下さい
ご案内します!
下記電話をタップ




患者さまに誓う、5つのお約束

1. 全身から癒すアプローチをいたします

2. 適切な施術を行います

3. 最小回数で改善できる通院期間を判断します

4. 気軽にコミュニケーションがとれる関係づくりを心がけます

5. 無理に通院を強要しません




さいごに

今は不安でも…
こんな未来を想像してみて下さい

 鍼灸治療院|不妊に強い鍼灸院|千葉県|船橋・松戸・鎌ヶ谷・柏

「イライラや不安が減って、笑顔が増えた」
「以前より身体が温かくなった」
「しびれや痛みが軽くなった」
「夜もぐっすり眠れて、朝寝起きが気持ちいい」



当院では、コリや痛みのせいで日常生活でつらい思いをされているあなたに、びわ温灸という方法でお役に立ちたいと思い日々努力しています。

冷えやストレスがある身体からの脱却が一番の近道だと考えています。

健康な身体になって、生活自体が快適になるという好循環を目指していきましょう。

当院ではそのようなお手伝いをすることで、多くの方の嬉しい瞬間を共有したいと考えています。
きっと、次はあなたの番です

スタッフ写真|不妊に強い鍼灸院|船橋・松戸
ほっと・ばらんすは、
あなたの元気を
全力でサポートします



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9~18時
  • 水/金 9~20時
  • 日曜日 9~14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。